AirPods Proが凄い!安物イヤホンしか使わなかった筆者の正直レビュー

しばいぬ

AirPods Proって何がすごいの?
音質が良くなっただけでしょ?

かいり

もはやイヤホンの域を越えてたよ…これが…

3,000円程度の中国製ワイヤレスイヤホンしか使ったことのない私が、AirPods Proを使ったらあまりの異次元さに感動したので、レビューしていきます。

AirPods Pro、もはやすごいとかのレベルではありません。

音質が良いのは当たり前で、もはやイヤホンの枠を越えた神アイテムでした。

私が購入した初日は、あまりの快適さに一日中耳から外れない呪いにかかったほど。

じゃあ、一体何がそんなにすごいのか?

この記事では、その理由を徹底的に解説します。

こんな人向けの記事です
  • バリバリのiPhoneユーザー
  • イヤホンは音楽を聞くだけのモノという認識の人
  • 勉強や仕事などの作業に集中できなくて困る時がある
かいり

私の買って良かったランキングベスト3に入るアイテムです…!!

タップできる目次

AirPods Proの何が凄いのか?

AirPods Proの画像

AirPods Proは音質だけで言うと、普通に高音質な完全ワイヤレスイヤホンってイメージです。

私の体感だと、AirPods Proの半額くらいのお金を出せば、同程度の音質のイヤホンは買えるんじゃないかと思っています。

となると、凄さは音質以外に詰め込まれているということ。

AirPods Proの凄すぎる点
  • ノイズキャンセリング
  • 外部音取り込み機能
  • 圧倒的な使い勝手の良さ
かいり

私はもう普通のイヤホンに戻れなくなりました…

ノイズキャンセリングで音の無い世界へ

ノイズキャンセリングとは、簡単に言うと周囲の雑音(ノイズ)を消し去る機能です。

私も初めて体験した時は、一瞬で周囲の音が消えるので自分の耳がおかしくなったのかと錯覚したほど。

分かりやすく言うと、水の中に潜った時の静寂感に近いイメージです。

このノイズキャンセリングが、普通のイヤホンとAirPods Proとの決定的な違いを生み出しています。

例えば、少し賑やかなカフェで勉強しようと思うと、周囲の雑音で集中力が削がれることもあるでしょう。

しかしノイズキャンセリングを使うと、周囲の雑音が消えてあっという間に集中できる環境に早変わり!

電車やバスなどの公共交通機関を利用する際も、雑音が消えて周りの音が全く気になりません。

結果、聴くこと自体のクオリティが上がって、音楽の世界に深く没入することができます。

かいり

イヤホンを外すと、こんなに周りはうるさかったのかと驚くほど、雑音を消してくれます。

外部音取り込み機能でストレスフリー

外部音取り込み機能とは、ノイズキャンセリングとは真逆で、周囲の音を取り込んでくれるもの。

そんなの必要なくない?と思うかもしれませんが、ノイズキャンセリングと同じくらい便利すぎる神機能なんです。

例えば、普通のイヤホンで音楽を聴いている時、自然と周りの声や音は聞こえづらくなりますよね。

話しかけられると、やむを得ず聞き返すことも多いのではないでしょうか?

通勤などの移動中に、音楽を聴く方も多いと思いますが、周りの音が聞こえづらいと事故の元にもなりかねません。

しかし、AirPods Proであれば心配ご無用。

イヤホンを外している状態と同じレベルで周囲の音が聞こえてきます。

この機能、思いのほかめちゃくちゃ便利でして、周囲を気にしないといけない移動中や運動中、周囲と会話の必要な仕事中(イヤホンOKな方は)などに抜群の効果を発揮します。

かいり

私は集中したい時はノイズキャンセリング、周囲の音を聞く時は外部音取り込みモードを使っています。

痒いところに手が届く、抜群の使い勝手

ノイズキャンセリングと外部音取り込み機能だけでも十分すぎる機能ですが、実は使い勝手の良さも普通のイヤホンとは段違いです。

  • ノイズキャンセリングと外部音取り込みを瞬時に切り替え可
  • 充電ケースからイヤホンを取り外すと自動Bluetooth接続
  • 本体に触れると簡単に再生・スキップができる
  • イヤホンを付けると途中から自動再生
  • イヤホンを外すと音楽も自動中断

特にノイズキャンセリングと外部音取り込みは、瞬時に切り替えられるからこそ便利さを実感できます。

例えばノイズキャンセリングを使っていて、ちょっと人と話したい時は、本体に軽く触れるだけで外部音取り込みモードへ切り替えでき、ストレスフリーに会話が可能です。

イヤホンを外さずに通常の会話ができるのは、想像していた以上に快適でした。

外部音取り込みモードからノイズキャンセリングに変える時も、本体に触れるだけで気軽に切り替えられます。

またiPhoneとMacBookの2台持ちの場合でも、Bluetoothを瞬時に切り替えができて大変便利です。

Apple製品をメインで使われる方は、特に使い勝手の良さを実感できるでしょう。

かいり

PCとスマホのBluetoothの切換は、普通のイヤホンだと特にストレスだったので、スムーズに切換できた時は感動しました。

使って感じたデメリット

暗い背景のAirPodsの画像

実際に使ってみて、見えてきたデメリットもありました。

特にAirPods Proはメリットが目立ちすぎる部分があるので、実際に使って良くないと感じたデメリットを解説します。

見た目に若干難アリ

AirPodsの見た目は、よくネットで揶揄されることがあります。

「うどん」と言う呼び名で。。。笑

AirPodsを身に付けた中年男性の画像
耳からうどんが出ていることに気付かない人(違う)
しばいぬ

ちょ、耳からうどん出てるけど!

かいり

満足そうなオジサンになんてことを!

恥ずかしすぎて、街中で装着する気力を無くしますよね。泣

ぶっちゃけ私も買う時に、ちょっとデザインが…と思ったことを正直に告白します。

ですが、「うどん」と呼ばれているのはAirPods Proではなく、AirPodsと呼ばれる別の機種です。

AirPods Proは限りなくうどんっぽさを解消しています。

AirPods Proの画像
AirPods Pro(うどんじゃないVer.)
AirPodsの画像
AirPods(うどんVer.)

うどん部分がProでは短くカットされているんですよね。

ですので、装着した時のうどん感は限りなく解消されてはいます。(うどん感とは)

ただ、私はそれでも若干うどんっぽく見えてしまい、見た目自体はあんまり好きではないです。泣

かいり

快適機能が多すぎて、正直見た目が微妙でも大満足している私がいます。

カラーバリエーションが少ない

アップルのコンセプトなのかもですが、もう少しカラーバリエーションが欲しいなって思います。

AirPods Proは現時点でホワイト一色しか無く、個人的にマイナスポイント。

すごく偏見なのですが、イヤホンって黒のイメージがありませんか?

白のイヤホンって、なんとなく安っぽく見えるというか…

それに他人と被りまくるんですよね。

あっ、あの人もAirPodsだ。

みたいな感じで。泣

決して安い買い物では無いので、どうせならもう少し個性を出せたら良いなと思う部分です。

ただ、Apple製品は白のイメージも強いので、ここは好みの分かれるところではありますね。

かいり

個人的には青色のAirPods Proが出て欲しい…!!

便利すぎて充電が足りない

普通は音楽を聴くときにしかイヤホンは使わないですが、AirPods Proの場合は様々な作業中に使えてしまい、結果的に充電が足りなくなります。

公式基準だと、大体4.5時間ほどの連続使用ができるのですが、使い勝手が良すぎて平気で4.5時間以上使ってしまうんですよね。

8時間くらい充電が持てばいいのに…と強く思いました。

ですが、AirPods Proは充電ケースが非常に優秀で、5分間の充電で1時間使えるレベルまで復活します。

かいり

私の場合、耳を少し休める時間を設け、その時にAirPods Proを充電していますね。

安い方のAirPodsじゃダメなのか

AirPodsの画像
安い方はうどんのAirPodsです。

今回レビューしているAirPods Proですが、廉価版でAirPodsというものがあります。

Proと比べて半額ほどの値段ですので、AirPodsで良くない?って考える方もいると思います。

ですが、絶対にAirPods Proがオススメです。

理由はAirPods Proの最強機能である、ノイズキャンセリング外部音取り込み機能が使えないからです。

静かな環境を瞬時に作ることができ、仕事や運動をはじめ様々な所で集中力を爆上げできる機能は、ノイズキャンセリングの最大の強み。

この機能が無いのはあまりに痛すぎます。

正直、ノイズキャンセリングと外部音取り込み機能が無かったら、AirPodsではなく他のイヤホンを買った方が良いでしょう。

ですので、選ぶべきは絶対にAirPods Pro一択です。

かいり

ノーマルのAirPodsは、見た目がうどんに見えるのもマイナス点が高すぎる…

AirPods Proの世間の評価まとめ

マイクの画像

世間のAirPods Proのリアルな評価をTwitterで覗いてみましょう。

https://twitter.com/shinoharu_zzz/status/1270899283680587776?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1270899283680587776%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fkairi-life-blog.com%2Fwp-admin%2Fpost.php%3Fpost%3D2732action%3Dedit

AirPods Proのノイズキャンセルがやばいww

かいり

うん、めちゃくちゃ分かる。私も本当に驚いてやばいとかスゴいしか言えなかったです。

耳につけた瞬間のサーッと音を消してくれるノイズキャンセルがマジで感動です

かいり

感動ってなかなか出ない言葉ですが、素直に私も感動しました。ノイキャン神!

AirPods Proのフタ開けたら本体入ってなくて、あれ!?って思ったら外部音取り込みで既に耳に付けてた

かいり

違和感無さすぎて、装着していることを忘れる謎現象が起こります。

あまりにも使い勝手良すぎてAirPods Pro盗まれてもすぐに買ってしまった

かいり

もう他のイヤホンには戻れないだろうなぁ…

AirPods Proはどこで買うのが良いか

Apple社の画像

Apple公式は信頼性が高く一番無難ですが、あくまで定価でしか買えないのが難点。

とはいえ、公式サイトで買うと無料の刻印サービスが付いており、絵文字・テキスト・数字を無料で刻印できる特典が付いています。

刻印サービスの実用例画像
出典:Apple公式より
かいり

こんな感じで、あなただけのオリジナルAirPodsが作れます!

ですので、他の人とデザインで差を付けたい方は公式サイトから購入しましょう。

とにかく機能を体験したい!

とにかく格安で買いたい!

という方は、Amazonでの購入が得策です。

以前は公式で入荷待ちの状態が続き、ネットショップの価格が高騰していた時期もありました。
しかし今は供給も安定しており、公式では3万円以上するAirPods ProがAmazonでは3万円以下で購入できます。

ただし、類似品には要注意!

Apple製品を装った類似品を売っている業者もあるので、買う時は細心の注意を払ってください。

例えばAirPods Proと同じような見た目で、1万円以下で売られているものなどです。

見た目は同じでも、性能は全く別物なので十分に気を付けてくださいね。

AirPods Proが凄い!安物イヤホンしか使わなかった筆者の正直レビュー:まとめ

AirPods Proの凄い点
  • ノイズキャンセリング
  • 外部音取り込み機能
  • 圧倒的な使い勝手の良さ
AirPods Proのデメリット
  • 見た目に若干難アリ
  • カラーバリエーションが少ない
  • 便利すぎて充電が足りなくなる

AirPodsの魔法の体験を得るには、ノーマルAirPodsではなくPro一択です。

仕事や勉強に”超集中”したい時も最高の相棒となってくれる、イヤホンの枠を越えた究極の神ワイヤレスイヤホン。

ぜひ実際に使ってみて、衝撃の感動を肌で味わってみてくださいね。

この記事をシェアする
タップできる目次
閉じる