【ドルチェグスト】レンタルと購入どちらが良いのか|それぞれのデメリットも解説

しばいぬ

ドルチェグストって無料レンタルできるらしいけど、大きなデメリットってないの?
購入とレンタルは結局どちらが良いの?

こんなお悩みを解決します。

ドルチェグストは、コーヒーカプセルを定期購入するカプセル定期便を利用することで、マシン本体を無料でレンタルできます。

対して、本体を購入する場合は1万円程度のマシン代が必要です。

そこだけ見ると、マシン本体をレンタルして利用する方がお得に見えますよね。

しかし、

本当に無料レンタルの方が良いのか?

をよく考えた上で、レンタルと購入のどちらかを選ぶべきです。

なぜなら、

マシンが無料というメリットだけでレンタル利用すると、結局損をしてしまう可能性があります。

この記事では、無料レンタルのデメリットを実際にドルチェグストを使用している私が、洗いざらい解説していきます。

この記事を読んでわかること

  • ドルチェグストは購入・レンタルどちらが良いか
  • ドルチェグストを無料レンタルするデメリット
  • 私が無料レンタル→本体購入へ変えた理由
かいり

マシン代無料は魅力的ですが、それだけで選ぶのは損する可能性ありです。

タップできる目次

ドルチェグストはレンタルと購入どちらが良いのか

複数のコーヒーの画像

結論から言うと、どのくらいコーヒーを飲む習慣があるかで、答えが変わります。

具体的に言うと、毎日確実にコーヒーを1杯以上飲む習慣がある方は、無料レンタルがコスパ最強です。

対して、コーヒーを週に数回しか飲まないような方には、無料レンタルは不向きです。

コーヒーを頻繁に飲まない方は、本体を購入した方が良いでしょう。

コーヒーを飲む頻度が少ない人が本体をレンタルすると、とんでもなくストレスとなり、ドルチェグストを心から楽しめなくなる可能性が高いです。

なぜそのようなことになるのか、以下より詳しく解説します。

かいり

お得だから無料レンタル一択!とならないよう注意してくださいね。

ドルチェグストを無料レンタルするデメリット

暗いコーヒーの画像

それでは、無料レンタルのデメリットについて解説します。

デメリットは大きく3つ。

あくまでデメリットとなる可能性のある部分ですので、自分に当てはまるかをチェックしてみてください。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

カプセルが定期的に届くプレッシャー

ドルチェグストを無料レンタルできる条件として、カプセルを定期的に注文する必要があります。

カプセル定期便の最低条件

  • 2ヶ月に1回カプセルが届く
  • 最低4箱からの注文

例えば、ブラックコーヒーのカプセルで1箱当たり16杯分のカプセルが入っています。

単純計算でどれくらい飲めるか見てみると・・・

16杯×4箱=64杯(2ヶ月)

2ヶ月に64杯ということは、毎日飲んでもカプセルの消費を消費しきれません。

結果、カプセルを消費しきる前に次のカプセルが届いてしまう原因に。

すると、コーヒーを早く飲まねばと気持ちが急いてしまい、素直に楽しめない未来が待っています。

ですが、解決策はあります。

  • カプセルが届く日を延期する
  • カプセルの種類を変更する

カプセル定期便では、次回のカプセルの到着を最大で2ヶ月延長させることができます。

そうすることで、カプセルを消費しきれるかの不安を和らげることができます。

また、カプセルの種類を調整するのもオススメです。

例えば、

  • ブラックコーヒーは1箱16杯
  • ラテマキアートは1箱8杯

ラテマキアートの場合、1杯に対し2つのカプセルを使うため8杯となります。

ですので、カプセル消費が厳しいなと感じたときは、次回以降のカプセルに1箱8杯組のカプセルを織り交ぜましょう。

上記2つの対策を行うことで、カプセル消費のストレスを大きく緩和することができます。

また、一日に数杯コーヒーを飲むような習慣がある人は、カプセルの消費を気にする必要はありません。

そんな方は、カプセル定期便を使ってマシンを無料レンタルして幸せになってください。

公式サイト

飲みたいから飲まないといけないに変わる

定期的にカプセルが届くため、今まで飲みたくて飲んでいたコーヒー生活に、飲まないといけない義務感が発生する可能性があります。

私の実体験だと、毎日コーヒーは飲んでいたのですが、

そろそろ次のカプセルが届くだろうから今週は多めに飲むか…

って感じで、どうしても意識的に飲むことがたびたびありました。

私自身コーヒーは好きなので、義務感と言えるほどのストレスでは無かったですが、やはりどうしても少し気になる点ではありました。

2人以上でドルチェグストを利用できるのであれば、効率よくカプセルを消費できるので、ぶっちゃけそこまで負担にはなりません。

問題は1人しか飲む人がいないパターン。

義務感を生まないためにすることは、やはりカプセルの届く周期を調節するのが良いでしょう。

なんなら、カプセルが足りなくなるくらいまで届くのを延期させるのもありです。

そして、足りなくなったら飲みたい分だけスーパーやネットショッピングで調達しましょう。

公式サイトで買うよりか若干価格は上がりますが、飲まないといけない義務感に襲われるのが一番まずいです。

コーヒーは、毎日のリラックスタイムを作ってくれるものだと私は考えているので、義務感にならないようにだけは本当に気をつけてください。

レンタル終了時に送料がかかる

ドルチェグスト本体をレンタルし、万が一合わなかった場合はネスレ本社へ返品する必要があります。

返品する場合は元払いとなり、送料が1,500円発生します。

とはいえ、本体を購入するより限りなく痛手は少ないです。

本体を購入した場合1万円以上しますからね(オートストップモデルの場合)

もし、本体を購入して飲まなくなり、そのまま置物と化すパターンが1番に損をしますので。

ですので、レンタルは送料を支払う必要があるということは、割り切りましょう。

私が無料レンタルから本体購入に変えた理由

楽しくコーヒーを飲む男性の画像

私は、無料レンタルを1年以上継続したのちに、本体を直接購入しました。

理由は、「今後もドルチェグストを使い続ける自信」があったからです。

味も美味しいですし、作るのも簡単、そして毎日2杯以上確実に飲む。

ですので、本体を購入したほうがより一層気楽にコーヒーを楽しめるのではと考え、購入に踏み切りました。

ただ、ドルチェグスト本体を持っていない状態であれば、まずは無料レンタルから始めるのが精神的にも楽ではありますね。

やはり本体代は1万円以上しますし、それが無料になるというメリットは魅力ですからね。

購入の場合だと製品サポートなども受けられないですが、やはり好きなタイミングでカプセルを買えるのはストレスフリーです。

一度無料レンタルを試してみて、これからずっと使うだろうなって実感できた場合に、その時は本体の購入をぜひ検討してみてください。

私は、今では本当にドルチェグスト無しの生活じゃ生きていけないくらいハマってますので・・・笑

それくらい気軽に美味しいコーヒーを飲めるのは幸せなことです。

ドルチェグストはレンタルと購入どちらが良いのか:まとめ

記事の内容を簡潔にまとめます。

ドルチェグストはレンタルと購入どちらが良いのか

毎日2杯以上コーヒーを飲む人→本体レンタル

飲む頻度が少ない人→本体購入

ドルチェグストを無料レンタルするデメリット

  • カプセルが定期的に届くプレッシャー
  • 飲みたいから飲まないといけないに変わる
  • レンタル終了時に送料がかかる

私が無料レンタルから本体購入に変えた理由

  • 今後もドルチェグストを使い続ける自信があったから。
  • 自分のペースで買う方が精神的に楽だったから。

本体代が無料になるお得なカプセル定期便、良いことづくめのように見えますが、デメリットがあるのも事実です。

今回解説したデメリットを十分に理解したうえで、自分の生活スタイルに合っていると感じられたら無料レンタルを利用しましょう。

必ず、ストレスフリーでドルチェグストを楽しめるでしょう。

コーヒーを毎日数杯飲む方は、デメリットがほぼ皆無となるので、そんな方にはカプセル定期便は相性抜群です。

ドルチェグストの無料レンタルについては、以下の記事でより詳しく解説しています。

この記事をシェアする
タップできる目次
閉じる