【静電気を除去する簡単な方法】嫌なバチッを解決するたった一つの対策グッズ

しばいぬ

静電気がつらすぎる。
何か簡単な対策法を教えてほしいな。

こんなお悩みを解決します。

本記事を読んで得られる情報

  • 1つあれば十分な静電気対策グッズ
  • 対策グッズのオススメ使用方法
  • 手ぶらで静電気を軽減する方法

本記事の信頼性

私はかなりの静電気体質で、数年前からずっと悩まされていました。
特に乾燥する冬は深刻でして、車に乗ることや鍵を開けること、金属に触れる行為全てが嫌でした。

しかし、現在は静電気との付き合い方を学び、痛みと無縁の生活を送っています。

そんな私が静電気の対策方法を徹底解説。

この記事を読むことで、すぐに静電気のストレスから解放されますよ。

かいり

これは過去の自分にいち早く知ってほしかった内容ですね…笑

タップできる目次

静電気を除去する簡単な方法

結論、静電気のストレスで悩んでいる方は、ラウダ 静電気除去キーホルダーを生活に取り入れてみてください。

理由は、簡単に静電気を除去できて、バチッ!と来ることが無くなるからです。

静電気の除去率は、驚異の98%

使っていて思うのですが、もう100%で良くないかって思うほど静電気が来ません。

私はこの静電気除去キーホルダーを使って2年以上になります。
乾燥時期をこれ無しでは越せないくらい、私の中では必須アイテムとなりました。

静電気除去キーホルダーの使い方

出典:amazon ラウダ販売ページより

ドアノブや鍵穴など、バチッ!と来そうな場所に静電気除去キーホルダーをギリギリまで近づけます。

この時、直接キーホルダーが対象物に触れないように注意してください。

静電気が体に帯電している場合

内部がオレンジ色に光ります。
静電気のエネルギーを光エネルギーに変換し、除去する仕組みです。

静電気が体に帯電していない場合

この場合は、静電気除去キーホルダーをかざしても光りません。
対象物に触れても静電気は起きないはずです。

この仕組み、すごく面白くないですか?

そしてキーホルダーから光が消えたら静電気が無くなった合図。

光が消えるまで1秒かかりません。

実際に使ってみるとこんな感じ

音も出るので、確認してみてください

視覚的に分かるから、対象物を触るときの安心感が違います。

光が消えた後に、バチッ!と来たことは2年間使って一度もありませんでした。

かいり

光る時にジュッ!って音がするんですが、爽快感あってむしろ楽しさが生まれます(笑)

カラビナ付きワイヤーとの併用で利便性アップ

ラウダ 静電気除去ホルダー画像
こんな感じ

カラビナ付きのワイヤーに静電気除去キーホルダーを取り付け、ズボンに装着して普段は使用しています。

実際の画像は上記のような感じです。

カラビナ付きのワイヤーは100均やホームセンターで簡単に入手できます。

腰からぶら下げると普通にダサいので、ズボンのポケットに本製品を収納して使うのがオススメです(笑)

これで、静電気除去キーホルダーをポケットから容易に取り出すことができます。

サイズが小さいのですが、カラビナ付きワイヤーを付けていれば紛失の心配はありません。

ズボンでない場合は、車や家の鍵とセットで装着するのも良さそうですね。

静電気除去キーホルダーの気になる点

しばいぬ

電池式?それとも充電式?

電池も充電も不要。何もいりません。

地味に嬉しいメリットでして、とりあえず持っておけば静電気から身を守ることができます。

メンテナンスフリーで、使用回数に制限も無し

ですので、半永久的に使えます。
私みたいな、めんどくさがりな人間にはピッタリでした。

かいり

充電式や電池式は、日々の管理が面倒ですからね、、、

しばいぬ

amazonで安い類似品が売っているよ?

本製品を類似品が、ネットで見ると結構出回っています。

ぶっちゃけ、安い方でも良いかもですが、オススメはできません。

恐らく本製品を真似た商品ですが、本製品の紹介文にも類似品には気を付けてください、と記載があります。

本製品でしたら、私も2年以上使っていて全く壊れる気配がありません。

シンプルに、類似品を買って故障したらめんどくさいですよね。

悩んでいる方はラウダの静電気除去キーホルダーを強くオススメします。

静電気を除去する簡単な方法:手ぶらの場合

ラウダの静電気除去キーホルダーを導入することが1番簡単な静電気対策ですが、手ぶらの状態でも静電気を軽減する方法があるので、ご紹介します。

超簡単な対策3つ

  • 木やコンクリートに触れておく
  • ハンドクリームを塗っておく
  • ゴム製の靴底を避ける

この辺りが簡単な対策法ですね。

木やコンクリートに触れること

意外かもしれませんが、結構効果を実感します。

私の場合、極まれに静電気除去キーホルダーを忘れてしまうことがあるのですが、その際は木やコンクリートに触れて対処していますね。

車に乗る前などに、一旦地面に触れて車に乗車することで、静電気がかなり軽減されます。

本当に?って思うかもしれませんが、是非やってみてください。
すぐに効果を実感できますよ。

ただ、衛生的に微妙なのと、屈むのが面倒ではあります。泣

ハンドクリームで対策

冬は手荒れもしますし、ハンドクリームを塗る方も多いのではないでしょうか?

静電気は乾燥によって起こりますので、保湿はとても重要です。

手を健康的に保ちつつ、静電気も軽減できるのはメリットになりますね。

ゴム製の靴底を避ける

本来であれば足から地面へと静電気は逃げていきます。

しかし、ゴム製の靴底は電気を通しにくく、静電気が体内に溜まりやすいのです。

例えば、クロックス。履いている方も多いですよね。

私はクロックスを履いて仕事をしていますが、職場はほぼカーペット作りです。

これがもう相性最悪でして、摩擦によって静電気が発生するわするわ、、、

ですので、静電気を避けるならゴム製の靴底は選ばないようにしましょう。

他にも、重ね着する服の素材の相性やストレスも静電気を増幅させる効果があります。

結局のところ、ひとつずつ対策するのって普通にしんどいです。

静電気のために服のコーデなどを意識するのも、私は面倒だと思ってしまいます。

また、上記の対策法では、静電気が無くなったか判断不可

私が1番不安だった点です。

木やコンクリートに触れても、視覚的に静電気がどうなっているか全く分かりません。

ハンドクリームを塗っても、バチッ!っと来ることは全然あります(経験談)

しかし、静電気除去キーホルダーは静電気の状態を可視化してくれます。

今、静電気が無くなったな。

と視覚的に分かるので、安心感が半端じゃないです。

ですので、静電気除去キーホルダーで速攻対策することを私はオススメします。

クロックスを履いても静電気なんて全然怖くなくなりますので。

【静電気を除去する簡単な方法】嫌なバチッを解決するたった一つの対策グッズ:まとめ

簡単かつ安心の完全対策

静電気除去キーホルダーを使う

手ぶらでも可能な軽減対策
  • 木やコンクリートに触れておく
  • ハンドクリームを塗っておく
  • ゴム製の靴底を極力避ける

静電気除去キーホルダー、使ってみたら分かるのですが、本当感動します。

体質的に静電気とほとんど無縁な方もいるかもですが、静電気体質の方には乾燥時期って地獄でしかないんですよね、、、

そういった方は是非、ラウダ 静電気除去キーホルダーを使ってストレスから解放されましょう。

私は利用頻度が高すぎて、自宅用・職場用で2つ所持しています(笑)

Amazonであれば最安値で購入できますので、是非チェックしてみてくださいね。

この記事をシェアする
タップできる目次
閉じる