【100円で劇的改善】タンク式食洗機の面倒な給水を最適化|即行動可

しばいぬ

タンク式食洗機の給水が思った以上にめんどくさい…
給水口から水が跳ねて周囲が水浸しになる…

今回はタンク式の食洗機を使っている方に裏技を伝授します。

タンク式食洗機って何?って方はこちらの記事を良ければご覧ください。
食洗機を使っていない方は必見。手頃な価格で生活の質を大幅に改善できますよ。

✔︎この記事の信頼性

私が実際に愛用しているアイリスオーヤマの食洗機を例に解説します。

ちなみにタンク式の食洗機は他メーカーもほぼ同じ機構を採用していますので、他メーカーを使われている方もすぐに実践できますよ。

また、自宅の食洗機の写真を使っているので安心して実践してください(一部公式画像あり)

タップできる目次

結論、100均(ダイソー)の丸型植木鉢を装着すると幸せになれる

解決策をさくっと言いますと、丸型植木鉢を買って食洗機の給水口に設置しましょう。

完成例はこんな感じです。見た目?見た目は気にしてはいけません。

給水口に植木鉢を設置し、マスキングテープで固定。

非常に簡単な作業です。

なんでそんなことをする必要があるのかと思う方に、理由を解説します。

タンク式食洗機の給水があまりに面倒

そもそもこの悩み、当時タンク式食洗機を買った私が真っ先にぶつかった不満です。

タンク式食洗機はタンクに直接給水できるため、場所を選ばず食洗機を稼動することが最大のメリットです。

実際に私の家庭ではキッチンスペースが狭く、置くスペースは皆無でした。

そういった家庭ではタンク式食洗機の存在はとてもありがたく、我が家では生活の質改善アイテムの圧倒的上位に君臨しています。

しかし、そのメリットの裏返しが給水の必要性です。

毎日発生する家事だからこそ、毎日給水する必要があります。

付属の給水容器があるんですが、大体2ℓ入る大きさです。

そしてタンクの必要容量は約5.5ℓ。水道と食洗機間を最低でも3往復する必要があります。

でもそれだけならまだいいんです。それだけなら、、、

デフォルトが水を弾く仕様

ここがストレスマッハポイントになります。給水容器から水を注ぐ際、少しでも勢いがあると給水口が水を弾き、周囲が水浸しになるんです。

アイリスオーヤマ公式サイトより

こんな感じの給水口になっています。見るからに入れにくい感がすごいです。

恐らく異物が混入しないように設計されたからだと思いますが、あまりにも給水がめんどくさい

たかだか給水に神経を擦り減らすのはあまりに非効率です。

その後、何か改善策は無いかと試行錯誤した結果、丸型植木鉢の運用を思いつきました。

タンク式食洗機×丸型植木鉢の相性があまりに抜群すぎた

上からみたらこんな感じ。

この100均の丸型植木鉢、予想以上の働きを見せてくれます。

水を全く弾かない

今までは最大限の気を使って給水していたのが嘘のように水を全く弾かなくなりました。

あまりに楽に給水できたのでもはや感動です。

勢い良く水を流し込んでも問題無し

ドバドバと給水口に水を入れても全く問題無しでした。
すごいぞ!100均植木鉢!!

※そこから謎の興味が湧いてどこまで勢いを出して水を入れらるか気になり、もう尋常じゃない勢いで水を流し込みました。
しかし、さすがに植木鉢から溢れて大惨事になったので、そこは真似しないでください(笑)

これにより、給水のストレスから一気に解放されました。付属品でほしいくらい。

質問:漏斗じゃだめなの?

私がネットで調べた際に、若干ヒットしたのがこの解決法です。

結論、無いよりは全然効果ありです。しかし植木鉢よりも容量に余裕が無いため、植木鉢ほどストレスフリーで給水できませんでした。

質問:見た目が気になる

見た目に関しては気にしたら負けです。あきらめましょう。

一回騙されたと思ってやってみてください。
もう絶対植木鉢無しじゃ生きていけなくなりますよ(笑)

【100円で劇的改善】タンク式食洗機の面倒な給水を最適化【即行動可】:まとめ

  • タンク式食洗機の給水口に丸型植木鉢を設置しよう!
  • 丸型植木鉢は100年(ダイソー)で購入可能!
  • マスキングテープで固定するだけの簡単作業!

正直、食洗機を便利と感じるか不便と感じるか、分かれ目になるくらい重要なところだと思っています。

何ならデフォルトで付属させても良いのでは?と思うくらいです。笑

タンク式食洗機の給水は毎日発生する動作なので、是非すぐに植木鉢を買って試してみてください~!思った以上に効率化できてびっくりしますよ!

この記事をシェアする
タップできる目次
閉じる