【暇な大学生向け】有意義な学生生活を送るための10つの時間の使い方

しばいぬ

大学生活が暇すぎる!
毎日ダラダラ過ごしてしまう…

こんなお悩みにお答えします。

華の大学生活、高校の時と比べて自由な時間割を組める分、時間に余裕のできた方も多いのではないでしょうか?

さらに今はコロナが流行していることもあり、自宅でのオンライン学習がメインの学生もいるはずです。

私も4年制大学を卒業した人間ですが、今でもすごく後悔していることがあります。

それは、暇な時間を持て余しすぎたことです。

社会人になった時にはもう手遅れ。

大学時代の時間的余裕はもう戻ってきません。

この記事では、大学生活の暇すぎる時間を有意義に過ごすための方法を10つ紹介します。

タップできる目次

大学生の暇な時間を有意義に過ごす方法:自宅編

テレビをみる男女の画像

家にいる時の暇な時間って、ついダラダラ何もせずに過ごしてしまうことが増えがちです。

ダラダラ過ごすことが決して悪いわけではないですが、せっかくなら有意義な時間に使いたいもの。

まずは、自宅での有意義な過ごし方を4つ紹介します。

読書をする

暇な時間を、まずは数十分でも良いので読書の時間に使ってみてはいかがでしょうか?

紙の本でも悪くはないですが、大学生だとワンルームで生活している方が多いと思うので、場所を取る原因となってしまいます。

電子書籍を活用すれば、スペースを取られることもないのでオススメです。

私が実際に使って良かった方法は、kindle paper whiteという読書専用の端末を使って読書をすることで、毎日の読書が習慣化できました。

講義の合間の暇つぶしにも非常に重宝するので、持っておいて損のない端末です。

映画やアニメに熱中する

暇な時間をアニメや映画にフルコミットするのも全然ありです。

社会人になると、一日かけて映画やアニメにふけるような過ごし方は簡単にはできません。

特に文系大学生の3・4年次は単位をしっかり取っていたら時間にかなり余裕ができます。

そんな時に、一日かけてアニメや映画に没頭するのは非常に贅沢な過ごし方です。

当時学生だった私はゲオへアニメを借りに行き、割とお金がかかっていました。

しかし、今はU-NEXTをはじめ定額で好きなだけ映画やアニメを観れる環境がすぐに手に入ります。

U-NEXTは、31日間の無料体験もできるので、まずは使ってみて良さを実感してみるのが良いでしょう。

31日以内に解約すれば、もちろんお金もかかりません。

ゲームに没頭する

思いっきりゲームに没頭するのもありです。

令和の時代は、趣味が仕事に転じることも少なくありません。

実際に私の好きなゲーム実況者は、ゲームが好きすぎてプロゲーマーとなり、今はゲームで飯を食う生活にシフトしています。

非常に夢があって面白いですよね。

ですので、あなたの好きなゲームを見つけ、突き抜けるくらいハマってみるのも良いでしょう。

ただし、ゲームはハマり成分高めですので、ハマりすぎて学業自体が疎かにならないよう注意は必要。

まずは、どんなゲームが人気なのかを調査しつつ、面白い配信者を探してみるのもゲームを楽しめるきっかけ作りに最適です。

OPENREC.tv(オープンレック)では、毎日数多くの配信者がゲームを楽しんでいるので、ぜひ覗いてみてください。

公式サイト

在宅ワークでお金を稼ぐ

  • 社会人=お金はあるけど時間がない
  • 大学生=お金は無いけど時間がある

社会人になった時、心から実感した言葉です。

ぶっちゃけ、学生時代にお金があったら無敵なんですよね。

無敵状態を手に入れるために、在宅ワークでお金を稼いでみましょう。

2020年はコロナの影響もあり、気軽にアルバイトするのも難しくなってきました。

しかし、在宅ワークであれば心配ご無用。

特に大学生にオススメなのが、クラウドワークスです。

働き方も様々あって

  • データ入力
  • 資料作成
  • ロゴ作成
  • アンケート調査

上記以外にも、あなたの強みを生かせる仕事が豊富に用意されています。

普通のアルバイトのように時間に縛られず、好きなタイミングで働けるのも嬉しいポイント。

詳細は、公式サイトを覗いてみてください。

大学生の暇な時間を有意義に過ごす方法:アウトドア編

外の風景の画像

暇な時間を有意義な時間へと変えるためにも、やはりアウトドアは欠かせません。

今回は、コロナ対策も考えつつ、感染の可能性が極力無いような過ごし方をピックアップして紹介していきます。

魚釣りに行く

魚釣り経験者の身として言わせてください。

魚釣りって、あまりにメリットが豊富すぎる過ごし方なんです。

魚釣りを始めるメリット
  • 暇な時間を思う存分使える
  • 低コストで十分に楽しめる
  • シンプルにゲーム性が面白い
  • 釣る楽しさと食べる楽しさ両方味わえる
  • 自然の中で過ごすだけで、ストレスが発散できる

思いつくだけでも、これくらい出てきます。

釣って楽しい、自宅で調理して美味しく食べるのも最高。

魚は、季節や時間帯、釣り方や釣る場所によって釣れる魚も様々です。

個人的に、RPG要素も釣りにはあると思っているので、ハマる人は本当に時間を忘れて楽しめるはずです。

また、魚釣りは年齢を問わず楽しめる遊びなので、一生涯のQOLも同時に上がります。

実際の魚とのやり取りは本当に楽しいので、ぜひチャレンジしてみてください。

自動二輪免許を取得する

普通自動車免許を取る方は多いと思いますが、自動二輪免許(バイクの免許)を取る方は少ないのではないでしょうか?

バイクがあると、行動範囲が大幅に広がりますし、何といっても風を直接感じる気持ちよさは乗った本人にしか分かりません。

景色の良さそうな場所やスポットを探して、実際にバイクで足を運んでみる。

そしてバイクと風景の写真をセットで撮れば、インスタ映えすること間違いなしです。

自動二輪免許(中型)の費用は10万〜13万と安くはありませんが、私が今学生時代に戻れたとしたらCrowd Works(クラウドワークス)で少しずつ貯金して免許を取得すると思います。

免許はAT限定とMTがありますが、全車種に乗れるMTが断然オススメ!

免許自体は1ヶ月もかからずに取れますし、学校終わりにサッと行けます。

免許を取得した後は、グーバイクでお気に入りのバイクを探してみましょう。

学生生活が最高に充実することをお約束します。

安くで旅行へ行く

格安の旅行を楽しむのも大学生活の醍醐味ですね。

今は都会への旅行は厳しいですが、人里離れた旅館などでまったり過ごすにはうってつけです

日ごろの様々なしがらみから解放されて、ゆったりと温泉に浸かり、美味しい懐石料理を食べながら過ごすなんて、最高じゃないですか?

私は、露天風呂に浸かりながらkindle端末で読書をしたんですが、すごく贅沢な時間だな〜って心から実感でき、ストレスも解消されました。

時間があるからこそ、思う存分旅行を楽しんでみましょう。

ドライブを楽しむ

大学生で車を持っている方はそう多くはないでしょう。

そんな方にオススメなのが、レンタカーでドライブすることです。

例えば、旅行先を決めてレンタカーを使うことで、道中も細かく予定を決めることができますよ。

バスや電車だと、細かな中間地点を設定することは難しいですが、レンタカーなら好きな場所に好きなだけ行くことができます。

旅楽(たびらく)では、宿泊とレンタカーを予約すれば、予約料金が最大50%割引されます。

旅行もレンタカーも同時にお得に楽しめますね。

大学生の暇な時間を有意義に過ごす方法:番外編

手を繋ぐ男女の画像

ここからは、番外編として大学生活をより充実させるための方法を2つご紹介します。

マッチングアプリで恋人を作る

しばいぬ

「マッチングアプリ?なんか怪しい気がする」

私が学生だった10年前くらいは、それこそマッチングアプリってすごく怪しかったんですよね。

本当にやり取りしている相手はそもそも人間なのか?botじゃないのか?ってよく一緒にいた友人が話していたのを覚えています。笑

しかし、今はサービスも非常に信頼性の高いものとなっており、利用者も非常に増えました。

社会人になると、新しい出会いは一気に激減します。

かといって、職場内恋愛だとハードルは高いですし、仮に別れようものならその後の仕事は確実にやりづらくなることは目に見えていますね…笑

恋人がいると、一年のイベントを満遍なく楽しめますし、単純に心も豊かになります。

イククルでは、2000年からの豊富な運用実績で会員数も1500万人を突破しており、非常に安心できる要素の多いマッチングアプリです。

Google Earthで擬似旅行体験

ちょっとした暇つぶしにはGoogle Earthを使うと有意義な時間に変えることができます。

Google Earthとは、Googleの技術を結集したバーチャル地球儀のことで、いきたい場所へどこへでも擬似旅行することが可能。

一度やってみると非常に面白く、

「この無人島って実際どうなっているんだろう?」
「この国の雰囲気はこんな感じなんだ〜」

って感じで、探究心をひたすらにくすぐられます。

落ち着いて考えてみると、これが無料で使えるなんてとんでもないサービスですよね…笑

旅行先を決める際にも使い勝手が良いので、まずは触ってみてバーチャル地球儀を使い倒してみてください。

暇な時間に何もせずに過ごすことが一番まずい

落ち込む男性の画像

今回紹介したこと以外でも、暇な時間に熱中できるものがあれば、ぶっちゃけ問題なしです。

一番の問題は「暇な時間に何もせずに過ごすこと」

何もせずに過ごしてしまうと、得られるもの自体がありません。

せっかく時間にゆとりのある大学生活だからこそ、これは非常にもったいない。

大学生だった頃の私がそうだったんですが、家にいて暇すぎる時に、特に何かするわけでもなくボーッと過ごしていました。

ただスマホを眺めてSNSを見ていたり、時間を全く有意義に使えていなかったんですよね。

社会人になった今では、何か始めてみたいと思っても、大学生ほど簡単に始めることができません。

時間に余裕があるほど、新しいことを始める敷居も非常に低くなります。

【暇な大学生向け】有意義な学生生活を送るための10つの時間の使い方:まとめ

自宅編
  • 読書をする
  • 映画やアニメに熱中する
  • ゲームに没頭する
  • 在宅ワークでお金を稼ぐ
アウトドア編
  • 魚釣りに行く
  • 自動二輪免許を取得する
  • 安くで旅行へ行く
  • ドライブを楽しむ
番外編
  • マッチングアプリで恋人を作る
  • Google Earthで擬似旅行体験

大学生活の4年間は、人生を左右すると言っても過言ではありません。

そんな時間を、ぜひ有意義にあなたの満足度を高める時間に使ってみてくださいね。

この記事をシェアする
タップできる目次
閉じる