【一人暮らしのご飯がめんどくさい】作る手間を極力減らす方法5選|ズボラな筆者が解説

しばいぬ

一人暮らしのご飯がめんどくさすぎる…

こんな疑問を解決します。

一人暮らしのご飯の準備、シンプルにめんどくさすぎませんか?

私が実際に一人暮らしをしていた時、ダントツで面倒な家事がご飯を作ることでした。

頑張ってご飯を作ったとしても、その後には食器洗いというさらに面倒な壁が立ち塞がります。

ですので、あなたの気持ちが痛いほど分かります。

しかし、実は面倒な手間は極力減らすことができるんです。

この記事では、一人暮らしのご飯の面倒さを極力減らす方法を、私の実体験から詳しく解説していきます。

記事を読むことで、一人暮らしのご飯にかかる手間から解放され、毎日億劫な気持ちになることが無くなりますよ。

こんな人向けの記事です
  • 面倒なご飯の準備から解放されたい
  • とにかくご飯を楽に作りたい
  • 毎日カップラーメンはもう飽きた
かいり

一人暮らしのご飯は本当に面倒なんですよね…

とにかく楽したい方は、宅食サービスが最強
タップできる目次

一人暮らしのご飯は、あまりにめんどくさい

キッチンに洗い物が溜まっている画像

一人暮らしは、基本的に全てのことを自分でやらなければいけません。

  • 食事
  • 買い出し
  • 掃除
  • 洗濯
  • 各種手続きなど

その中でも、買い出しや食事を始めとするご飯の準備、これが特にめんどくさいです。

ご飯は毎日食べるものですし、だからこそ面倒なんですよね。

ですが、一人暮らしだからこそ食事に関しては手を抜いて良いんだよ、と私は言いたいです。

なぜなら、別に誰にも迷惑が掛からないからです。

例えば夫婦やカップルで暮らしている場合、食事に対して楽をしたり手を抜こうとすると、パートナーの環境にも少なからず影響が出てしまいます。

極端な例ですが、明日から毎日楽したいからカップ麺が食べたい!なんて言われたら普通に拒否しませんか?笑

しかし、一人暮らしなら別に誰にも迷惑をかけずに毎日カップ麺を食べられますよね。(健康には悪いですが)

だからこそ一人暮らしをしているなら、料理が好きでたまらない方を除いて、ご飯はとにかく楽をしても問題無いんです。

かいり

趣味は料理です、って言いたい人生だった…泣

一人暮らしのご飯のめんどくささを解消する方法5選

ひらめきをイメージさせる画像

それでは、実際に私がご飯の手間を減らすことに成功した方法を、ひとつずつ解説していきます。

私自身、医療従事者ということもあって、健康面にはある程度気をつけているつもりです。

ですので、毎日カップラーメンを食べるなどの極論は除外しています。

かいり

ぶっちゃけ、カップ麺はお腹はそこまで膨れないので、コスパ的にも微妙かなと思ってます。

スーパーの便利食品を使う

しばいぬ

スーパーに行ったら、新鮮なお肉や野菜を買わないと…

スーパーに行ったからといって、食材ばかりを買い揃える必要は全くありません。

料理のモチベがある時なら問題無いのですが、家事が面倒だと思った時は、いかに楽できるかを最優先に考えてみましょう。

例えば、スーパーの便利食品を使ってみるやり方もあります。

便利な食品まとめ
  • お惣菜
  • 冷凍食品
  • カット野菜
  • 包丁・まな板不要の食品
  • 炒めるだけの味付きお肉など

スーパーには、思った以上にあなたのご飯を楽にしてくれる便利な食品が揃っています。

お惣菜や冷凍食品は、一人暮らしの強い味方です。

レンチンするだけで完成するものがほとんどですので、特に家事に時間をかけたくない方は積極的に導入していきましょう。

自宅で出来立ての美味しいご飯を楽に作りたい方は、「キッコーマン うちのごはんシリーズ」など、包丁やまな板不要の食品が簡単で便利です。

また、スーパーによっては、焼くだけ・炒めるだけで完成する魚・肉料理も売られています。

カップ麺と比べて栄養価も高く、健康的にも安心かつ美味しいです。

ぜひ、試してみてください。

かいり

うちのごはんシリーズは今でもお世話になっていますね。

時短家電を使う

家事の時間を大幅に短縮してくれる家電を取り入れると、家事自体の敷居も下がります。

私が実際に試して、無い生活には戻れない家電
  • タンク式の食洗機
  • 電気圧力鍋
  • ノンフライヤー

実際、私が時短家電を購入した時は一人暮らしでは無かったのですが、だからこそ一人暮らしの時に心から欲しいと思ったアイテムです。

タンク式の食洗機は、置き場所を選ばず一人暮らしの方でもスペースに困りません。

ご飯は食べた後の片付けが本当にシンドイので、食器洗いから解放されると、家事に対してかなり前向きな気持ちになれるはずです。

コスパが良いのは、アイリスオーヤマの食洗機です。
以下の記事で詳しく解説しています。

【工事不要】私が実際に使っているアイリスオーヤマの食洗機を徹底レビュー【口コミ】

電気圧力鍋は、具材と調味料を鍋に放り込むだけで、お店で食べられるような美味しいご飯を作ることができます。

私は、レシピを考えることも面倒な人間なので、レシピブックが付属している電気圧力鍋を選びました。

具材を入れた後は、漫画でも読みながら放置でOKなので、一台あると快適度が倍増します。

ノンフライヤーは、揚げ物を揚げたての状態へ復活させる魔法の時短家電です。

例えば、スーパーの惣菜エリアで買ってきた唐揚げも、ノンフライヤーを使うと揚げたての唐揚げへと変身します。

オーブン機能もついており、一人暮らしの家事をとことん助けてくれる最強アイテムです。

ぜひ、あなたの暮らしに取り入れてみてください。

お弁当を買う

なるべく楽をしたい時は、スーパーでお弁当を買うのも手です。

ほっともっとなどのお弁当専門店で買うのもアリですが、外食に近い費用が発生するので、頻繁に利用することはオススメししません。

スーパーで売られているお弁当も、通常は500円程度はしますが、タイミングを狙えば半額程度で買うことができます。

だいたいのスーパーであれば、18時〜19時以降には値下げがされているはずです。

お弁当は日持ちしないので、お店側は売れなければ廃棄するしかありません。

ですので、20%OFF→30%OFF→半額など順を追って安くなっていきます。

特に18時以降の時間帯は、だいたいのスーパーは最大値引きで売り出されています(近所のスーパーを要チェックです)

私も学生の頃は、よく近所のスーパーで値下げされたお弁当を食べていました。

半額のサラダなども売っていたので、お弁当と合わせて買うことで、栄養価の面もクリアできます。

カップ麺と比べたら、栄養バランスは雲泥の差ですので。

しかし、スーパーのお弁当はほとんど同じようなメニューの繰り返しになります。

他の対策法と組み合わせて、飽きが来ない工夫をすることが大切です。

かいり

コスパは良いけど、どうしても飽きが来ますね。

友達とご飯を楽しむ

一人暮らしの特権は、自由にご飯のスタイルを変えられることです。

例えば友達と鍋を囲み、自宅で食事をすることだって簡単にできます。

特に鍋は下準備が簡単ですし、鍋の素さえあれば誰でも美味しい鍋料理が作れます。

お肉と野菜がしっかり摂れるので、栄養面でも安心です。

私は友達と集まって鍋をした時は、面倒だった料理の時間がとても楽しかったことを覚えています。

一人暮らしの場合、よほど料理が好きでないと家事を楽しむことは正直難しいです。

ですが、雑談しながら料理の準備をしたり、一緒にご飯を食べて美味しい!
と言える友達の存在は、やっぱり一人では絶対に味わえない良さがありますね。

さすがに毎日となると難しいですが、月に数回、友達と集まってご飯を作る時間を設けてみるのも、一人暮らしの食事が楽しくなるコツです。

かいり

友達との鍋は、一人暮らしの醍醐味ですね。

思いっきり外食を楽しむ

ご飯を作るのが面倒、といっても、その面倒さには日によって差があると思います。

めんどくさいけど、冷食なら作れそう。

準備も片付けも今日は何もしたくない。

作る気力が全く起きない!という時は、思い切って外食をしてみるのも良いです。

これは私がよくやっていた方法なんですが、何もしたくない時はあきらめて外食をしていました。

いざ外食をしてみると、美味しいご飯をすぐに食べられるので、明日は自分で作ってみようという気持ちが自然と湧いてきます。

気分が乗らない時にイヤイヤ自分で料理を作ると、さらに料理に対してマイナスイメージが残りやすいです。

家事の気力が起きない時は、無理せず外食に頼るのも賢い選択ですね。

かいり

特に定食屋さんは比較的安価で食べられ、栄養バランスも良いですよ。

とにかくご飯が面倒な人へ、実はこんな抜け道も

しばいぬ

家でご飯を作る時間そのものからとにかく解放されたい!

そんな方に是非試してもらいたい抜け道があるので、それぞれ紹介します。

宅食サービスを使う

宅食サービスを使うと、あなたがご飯にかける時間は一切不要となります。

宅食サービスとは、完成された料理が自宅にまとめて届く便利なサービスです。

ズボラな私も実際に利用しているnoshでは、専門のシェフと管理栄養士による厳重な体制のもと、ヘルシーで美味しい料理を堪能することができます。

60種類を超える豊富なメニューの中から、好きなものだけをチョイスできるので、ご飯が面倒な時は決まって私はnoshに頼っています。

販売数も500万食を突破している今勢いのある宅食サービスです。

詳しくは、公式サイトを覗いてみてください。

出典:NOSH公式
公式サイト

以下の記事では、私が実際にNOSHを使ってみて感じた率直な評価も踏まえて、詳しく解説しています。

アルバイトで賄いをもらう

こちらは、一人暮らしの学生向けの抜け道です。

アルバイト先を選ぶ時に、賄いをもらえるところを選びましょう。

そうすることで、バイトの日は一食分の食費を浮かすことができます。

それにアルバイト後の賄いは、仕事をやり遂げた後ということもあり、格別に美味しいです。

アルバイト先はあなたが食べたい賄いを提供してくれそうな場所を探すと、バイトのモチベにも直結します。

私の場合は賄いとは少し異なりますが、コンビニの廃棄をもらいながら大学生活を過ごしました。

コンビニによっては、廃棄をもらえない店舗もありますので、事前にチェックしておきましょう。

廃棄をたくさんもらえる店舗なら食費を一切気にする必要が無いので、その分浮いたお金を好きなことに使えます。

しかし、体に良いかと言われると話は全く別です。

賄いなら大丈夫ですが、コンビニ食は健康面で全くオススメしないので、今回紹介した他の方法と組み合わせて家事の負担を減らしてみてくださいね。

【一人暮らしのご飯がめんどくさい】作る手間を極力減らす方法5選:まとめ

一人暮らしのご飯の手間を極力減らす方法
  • スーパーの便利食品を使う
  • 時短家電を使う
  • お弁当を買う
  • 友達とご飯を楽しむ
  • 外食を楽しむ
とにかくご飯で楽をしたい方へ
  • NOSHの宅食サービスを利用
  • アルバイトで賄いをもらう

一人暮らしだからこそ、自由度の高さを生かし、あなたに合ったスタイルでご飯の手間は極力減らすことができます。

まずは今回ご紹介した方法を試してみて、あなたの家事の手間がどれくらい減るか試してみてくださいね。

とにかく楽したい方は、宅食サービスが最強
この記事をシェアする
タップできる目次
閉じる